2011年08月14日

【ドライブ】天草行ってきました

Twitterでちょっとつぶやいておりましたが、8/12、13日に熊本県天草の方へドライブ旅行へ行って参りました。

ここ何年か、涼ちゃんちでは旦那さんの連休頃に1泊のドライブ旅行をするのが恒例になっております。
年末or新年、春休み、GW、夏休み(お盆)など。
行き先はもっぱら熊本(阿蘇)、長崎(平戸)で、観光が目的ではなく、ただひたすらドライブするための遠出です。
2泊できるならもう少し観光とかも組むのですが、うちには3匹の猫がお留守番しているので、やっぱり1泊が限度です。

で、今回行き先を決めるにあたって、ちょっといつもと違うところに行こうということになりまして。
旦那さんが22年前に大学の研究で2週間缶詰になったという「天草臨海実験所」。
青春の思い出の場所に行ってみたいということで、ここを目的地に決めることにしました。

なぜかGoogle先生の地図にも、車のカーナビにも載っていない謎の施設を、旦那の記憶だけで探し出したのが15時過ぎ。
博多を8時に出てから7時間後でした。

IMG_3892.jpg

写真は建物を前にして思い出にふける旦那さんです黒ハート

目の前は海。後ろは山。
こんななんにもないところに2週間も缶詰とは・・・。
大変だっただろうなぁ^^;

さて。
ドライブのルート決めるのは旦那さんですが、宿泊場所(旅館)を決めるのは涼ちゃです。
今回行き先が天草ということで、温泉、露天風呂がある旅館をチョイスし選んだのが、

「湯楽亭」

残念ながらお客さんが多かったので、お風呂の写真は撮れませんでしたが、お湯自体はなかなかのものでした。
ここは、白湯と赤湯という泉質の違うお湯があって、白湯はぬるっとしたいわゆる美人湯で、赤湯はほのかに赤みがある炭酸泉です。手堀で掘った洞窟風呂が有名ですが、それよりなによりこの赤湯つーのがすんごい。お湯の表面に浮いている湯の花の量もさることながら、温泉でよく見る石灰成分?が浴槽の内も外も、それどころか洗い場の床まで鍾乳洞か千畳敷かって感じにビッシリついている。
もちろん源泉かけ流しで、毎日お湯を全部抜いて掃除しているらしいのに。

その凄さを現しているのが、館内に飾っている招き猫です。

IMG_3909.jpg

これは受付のカウンターに2体並んでいたうちの一体。
陶器の招き猫に赤湯を流して作ったものらしいです。
周りに、お風呂と同じ石灰成分?がビッシリついています。ヒゲの部分を見るとどのくらい付いているか判ると思います。
驚くことに、この状態になるのにはたったの2週間らしい。

昔は全国からやってほしいと依頼が来ていたらしいけど、預かったのを割ってしまったりとかして以降は断るようになったらしいです。

とてもいいお湯だったのでまた天草方面に行くことがあったら泊まってみたい旅館ですが、残念なことになぜか浴室に蚊がいて、涼ちゃも旦那さんも刺されまくったので、行くなら夏は避けて、かなぁ(じゃらんの口コミにも蚊がいるって書いてるし、蚊除けとかも置いてたけど)

なお、天草の五橋の眺めは素晴らしかったです。
小さな島に次々にかかる橋を車で渡っていくっていう体験は初めてでワクワクしました。
 
posted by 涼ちゃ at 20:52| Comment(0) | お出かけ

2011年08月09日

恐怖!あふれ出る☓☓☓!

いつもお休みの日は家に引きこもり〜の涼ちゃですが、昨日は出かける用事ができたのでついでにパルコをウロウロしてみました。
で、地下のお店で、珍しいパネトーネマザー(パネトーネ酵母に扱いやすいようにドライイーストを少し混ぜたもの)を見つけたので、よし、久しぶりにパンでもつくってみるか〜、と材料を揃えて帰宅。

で、つくってみたのですが・・・・

パネトーネマザーを扱うのは初めてだったので、一応ネットで下調べして、材料と分量も厳格に測ってちゃんとやったつもりだったのですが、なにがどう違ったのか、生地は全然まとまらないくらいゆるゆるで、それでもなんとか1次発酵すませてガス抜きして食パンの型に放り込んで2次発酵・・・そしたら、何じゃこら〜!Σ( ̄□ ̄;)

あふれ出てました(汗)

型に入れた時は1/4くらいしかなかったんです。
それからせいぜい20分くらいしか経ってない。
なのに閉めたフタのすき間から生地があふれ出してるんです。

これはもう焼くしか無い!と慌ててオーブンに火を入れて、温度が上がったところで投入。
(あふれた生地は丸くまとめて型の上にのせたw)
しかし、焼いてる間にも、更に生地があふれてきます。

IMG_3809.jpg

なんのホラーやねんw

頼むからこれ以上あふれんといてクレ(南無)と祈りながら待つこと30分。
一応焼きあがった・・・んかいな?
果たして中身はどんなになっているのか?
それよりちゃんと焼けてるのか?
膨らんでるのか?
中にごっそり空洞ができてるんじゃないか?

なんとかフタをこじ開けてみたら・・・
一応焼けてました。

確かに、気泡が荒くきめは細かくないですが、そういえばパネトーネってこんな感じのパンだったなーって感じ。
軽くて柔らかくて。

味は思ったより甘みが出ておらず、発酵時間が短かったせいかなと。あと、同じく発酵に時間をかけてない(というかかけられなかった)ためか、酵母の匂いがやや強い気がしました。

次回は、もう少し水分を減らして(ちゃんとまとまるくらい)、もう少し低温で時間をかけて発酵させて、焼く時は型に余裕をもたせるかテーブルロール形にでもすることにします。

ちなみに、写真は焼いてる時のものです。手前に型からはみ出てる白い生地と、型の上にちょこんと載せている丸めた生地がわかりますか?(笑)
posted by 涼ちゃ at 09:02| Comment(2) | 思うこと(日記)

2011年08月03日

都会の夏空にキュウリが素敵

涼ちゃの実家は和歌山です。

和歌山市は、その真ん中を紀ノ川が北と南に分断しているのですが、なぜか川より北(和泉山脈寄り)の人間は川より南の市内中心部を「市内」と呼び、川より南の人は川より北の方を「川向こう」と呼びます。
どっちも「和歌山市」なんですけどね。

もっとも、今もそうなのかは判りません。なにせ、涼ちゃが福岡に来て10年以上経ちますし、世代交代も進んでいるでしょうし、なにしろ帰省する度に思うことは、今は「市内」より「川向こう」(川より北の事)の方が道路は整備され大型施設ができ発展しているようだからです。
でも、ある程度の年齢以上の人は今もそう言ってるんじゃないかな。

ともあれ、はっきり聞いたことはありませんが、川より北の人がそう呼ぶ由来は、紀の川がとても大きな川で幅も広いし水量も多く、昔は行き来が大変で、橋がない大昔は、渡し舟で渡してもらったとか、人が渡るために作った細い橋「一銭橋」はその名の通り渡るのに一銭お金を払ったとか(バイパスができてこの橋今はどうなってるか判りませんが)、そんな風に行き来が大変だったからじゃないかと思います。

でもって、涼ちゃの実家はその「川向こう」なのですが、今はともあれ、涼ちゃの子供の頃はまさしく新興住宅地であり、今まさに田んぼや畑を潰して造成していこうとしていた時期でありました。
というわけで、遊びたいさかりの小学生には、川あり山ありのパラダイスだったわけで。

キャベツ畑にモンシロチョウの幼虫を取りに行き、近所の小さい川でメダカやフナをとり、水を張り始めた水田で日々大きくなっていくオタマジャクシを観察し、周りの空気は土と緑の匂いがし、空はピーカン真っ青と白い雲。そして夏はうるさいほどのセミ、秋はコオロギとかいろんな虫の声。犬の散歩に行ってやたら吠えるなと思ったら田圃のあぜにでっかい蛇がウネウネしててびっくりしたこともあった。ランドセル背負ったまま道の端っこ足を滑らして田んぼに落ちて泣きながら帰ったこともあったなぁ。川にセリ、土手でのびるや春先にはつくしやスカンポ(イタドリ)を取ってきたり。夜窓の外には毎晩ヤモリがぺったり張り付いていて、光に集まる虫を食べに来る様子を見ながら寝たりしました。

今はもう田んぼも畑も殆どなくなってるし、家がずっと山の上の方まで建ってしまい、川は汚れてしまいました。
でも、記憶は鮮明で、こうやって書いていてもどんどん思い出せます。
今は博多のマンションに住んでいますが、なぜかお隣に庭付き一軒家があるせいか、毎朝すごいセミの声が聞けますし、今朝、育ったベランダのキュウリを撮っていたら、青々とした空とキュウリの緑がデジャブして、なつかしい子供の頃を思い出しました。

IMG_3796.jpg

青々とした快晴とビルとキュウリ。
なかなか良い感じだと思いませんか?(笑)
 
posted by 涼ちゃ at 12:13| Comment(0) | つくるもの

2011年07月31日

祝!ゴーヤが大きくなってきたよ!(●^o^●)

放っておいてもドンドコ育ってくるキュウリと違い、なぜかまったく実が大きくならず、単なる簾としての役にしかたっていなかったミニゴーヤでしたが、なんと!

祝!ゴーヤが大きくなってきたよ!(●^o^●)

IMG_3761.jpg

キュウリの場合、実も葉っぱも緑色なので、保護色なのか毎日しっかり見ているのに見逃してしまい、気がついたらでーんと大きくなってしまっているということがよくありますが、今朝見つけたこのゴーヤもそんな感じです。

ちなみに、大きくなる前はこんな感じです。

IMG_3633.jpg

今までの実は、ここから大きくならずに黄色くしなびてばっかりだったわけなのですが、今回やっと大きくなってくれました。
ここまで大きくなればもう黄色くなる心配はないのでほっと一安心です。
でも、ミニゴーヤなので育っても手のひらサイズですから、ひとつではちょっと物足りないです。
あと、2,3個は大きくなってほしいなぁ。


posted by 涼ちゃ at 18:37| Comment(0) | 思うこと(日記)

2011年07月30日

キャットリフレ座布団タイプとドームタイプ(爪とぎ)買ってみました

先日キャットベースLを買ったときに、商品の製作元キャットバスヒルズの最新カタログが同封されていました。
その中で、公式WEBショップでしか買えない商品、キャットリフレ座布団タイプとドームタイプ(爪とぎ)が載ってて、結構いい感じなので欲しくなって注文してみました。

IMG_3744.jpg

さっき届いたので早速置いてみました。
ダンボール製の、ひとつは厚みのある座布団みたいなタイプで、もうひとつは楕円形のドーム型です。
しかし。
わくわくしながらどうなるかなと様子を見てみたのですが、残念ながらうちの猫's3匹とも全く興味を示してくれませんでした(/_;)
写真は、爪とぎというよりただの座布団としか認識してないリビーちゃんです。
しかも、この後わざわざ移動して隣のキャットベースの爪とぎでバリバリやってました。
ここでやっても良いんだよおおぉ(T_T)

商品自体は、うちの巨大猫たちでも大丈夫なくらい、適度な大きさと重さもあっていい感じなのになんでかなぁ(´Д`)ハァ…
まぁ、キャットベースの爪とぎも最初はあまり見向きもしてなかったけど、今はとってもお気に入りでバリバリやってるので、これもそのうち使ってくれるものと期待します。

これで、あたしの身体が爪とぎにされるのがちょっとでも減ったらいいんだけど・・・^^;
posted by 涼ちゃ at 21:17| Comment(0) |

2011年07月27日

【適当】早川トールサイズ文庫カバー

涼ちゃと涼ちゃの旦那さんの共通趣味のひとつは
「本が好き」
なことです。
なかでもSF系が好きで、我が家の本部屋にはハヤカワ文庫や創元文庫がたくさん並んでいます。

涼ちゃは好きな本は、何度も何度も何度も、読んで読んで読んで読みたおす方で、本を大事にきれいに読まれる方には申し訳ないのですが、お気に入りの本ほどボロボロにしてしまいます^^;
というわけで、予防としてこんなものを使っております。

IMG_3660.jpg

「ミエミエ」という透明のブックカバーです。
中はこんな感じになっております。

IMG_3674.jpg

昔から愛用しているのですが、ちょっと前に困った事が起きました。
ハヤカワ文庫が、文庫本のサイズを変更したのです。

IMG_3673.jpg

左が変更前の本で、右が現在の「トールサイズ」と呼ばれているものです。
目算で5ミリほどしか変わらないのですが、このサイズ変更のおかげでミエミエのブックカバーが入らなくなってしまいました。

使うと思って大量に買い込んだのにどうしてくれるんだァァ!ヽ(`Д´)ノプンプン

コアデ(ミエミエを出してる会社)がハヤカワトールサイズ用の文庫カバーを出してくれないかと期待したのですが、今に至るまでそんな兆候はありません。

仕方が無いので自作することにしました。


・・・・・・・・ウソです。
そんなめんどいことはやりたくありません(^O^;)

というわけで、ちょこっと上を切って本に設置して、

IMG_3678.jpg

IMG_3681.jpg

本に張り付かないように真ん中にテープを貼ったテープを用意して、カバーの足りない部分に両側から挟むようにして貼り付けました。

IMG_3683.jpg

ハイ。これだけですw
メンディングテープなのでちょっと白っぽいのはご愛嬌(^o^;

どうかコアデさん。
トールサイズ用のカバーを出してください(願)

posted by 涼ちゃ at 21:21| Comment(0) | つくるもの

2011年07月25日

わっ!デッカイ!!Σ( ̄□ ̄;)

ちょこちょこブログにも出てまいりますが、今年はミニキュウリとミニゴーヤとミニトマトを植えた涼ちゃです。
この中で、さっぱり実が大きくなってくれないミニゴーヤ以外は、毎日コンスタンスに収穫できるようになっています。
特にミニキュウリは毎日1〜3本の収穫があり、冷蔵庫には食べ切れないキュウリが貯まってきつつある状態です(^^ゞ

そんな状態の中。
土、日は太極拳の講習で忙しかったので水やりだけで済ませていたのですが、今朝見てみたら2日前に赤ちゃんキュウリだった2本がもうすっかり取り頃になっておりました。

IMG_3625.jpg IMG_3624.jpg

キュウリは夜太ると申しますが、ちょっと収穫が遅れるとびっくりするほど大きくなってしまい、中の種が大きくなって大味になってしまいます。
さっそくハサミでちょんぎろうと葉っぱをかき分けて、ふと上を見たら・・・・・

わっ!デッカイ!!Σ( ̄□ ̄;)

IMG_3630.jpg

ものすごいぶっといモノがぶら下がっておりました(゚д゚)!

同じ節に付いてる隣の赤ちゃんキュウリと比べたら巨大さが判ると思います。
まぁ、ご自宅でキュウリを植えたことがある方はこんな体験は珍しくもないと思いますし、でかいと申しましても所詮はミニキュウリですから、普通のキュウリの取り遅れに比べたら全然大したことはないと思います。

それにしても、まったく気がつかなかったなぁ(笑)




収穫後並べて見ました。

IMG_3656.jpg

右端は3日前に収穫したもので、約5〜6センチのもの。
普段は大体このくらいの大きさで収穫しています。

で、真ん中の2本が一番上の写真の2本。
そして左が育ち過ぎキュウリです。測ったら17センチでした。

さて。
・・・・・・どうやって食べよう?(悩)
 
posted by 涼ちゃ at 14:17| Comment(2) | つくるもの

2011年07月19日

2台目キャットベースL買いました

以前購入したキャットベース。
ブログでも書きましたが、あれから8ヶ月近くを経て、こんなにボロボロになりました。

IMG_3505.jpg

かなりしっかりした作りではあったものの、やはり所詮はダンボール。
6〜7キロの猫3匹に愛用されるとこんなになってしまうようです。
まぁ、多少ボロボロでも良いやと思っていたのですが、猫の重さで潰れた隙間が大きくなってきました。

IMG_3515.jpg

こうなると、足を突っ込んではさんでしまわないかと心配になってきたので、急遽新調することにしました。

IMG_3541.jpg

ピカ☆ピカ☆です
爪とぎ部分もきれいでとっても爪が引っかかりやすそうです♪

さっそくかのんが乗っかって堪能していましたが、すぐにたいちゃんに奪われてこんな感じに。
新しくなったのが判っているのかいないのかよくわかりませんが、たいちもとっても気持よさそうです。

IMG_3618.jpg

かのん、たいちに早く降りて欲しいみたいですね(笑)

 
posted by 涼ちゃ at 23:11| Comment(0) |

2011年06月23日

撮ってもらいました(ノ´∀`*)

先日、神奈川の日本大極拳友会の交流大会に参加させてもらった時、East Ageの物販コーナーが来ていたので買ってきたアオザイ風の太極拳用の服です。
普通のレッスン用にはちょっともったいない気もするけど、なら何処で着るんだ?ってことになるので着てみました(^^ゞ

IMG_3365.jpg

レッスンの後に、会員さんに撮ってもらいました。
あたしの身長だと、スリットはもう少なめのほうが良い気がします。


帰りに見た博多駅の山笠の飾り山。
今年は阪急入口側に設置することになったようです。

IMG_3371.jpg

中身の設置はまだのようです。
今年はどんなのかなぁ。

posted by 涼ちゃ at 23:46| Comment(0) | 太極拳

2011年06月20日

初収穫です

前回のブログで、うどんこ病だと大騒ぎしたベランダのきゅうりですが、本日無事に今年の初収穫にこぎつけました。

IMG_3354.jpg

え?小さすぎる?
良いんです。これ、ミニキュウリですから。

一緒に植えてるゴーヤもミニゴーヤです。
あのあと3回ほど食酢とクエン酸の希釈液(前回より薄くした)を散布しましたが、その後はちょっと神奈川まで行ったり実家の和歌山に帰ったりと忙しく、ほとんど放置でしたが、今はこんなに立派になりました。
特にキュウリは葉っぱが超巨大になってます。
土の窒素が多かったのかな^^;

IMG_3348.jpg

これは3日前の写真なんですが、今日はもうゴーヤのほうがベランダの天井まで着いちゃったので、摘心しちゃいました。
キュウリもそうですが、ゴーヤの方はちょっと目を離すと脇芽が伸びまくってしまうので大変です。
それにしても、こんなにボウボウに伸びるならもっと支柱を横にも増やしとけばよかった(´Д`)

ちなみに、今年は他にもミニトマトとか三つ葉とかネギとか大根菜も植えております。
6月頭に植えた大根菜。
最初はこんな感じでしたが、

IMG_3130.jpg

神奈川行って、その後和歌山から帰って見たらすっかりボウボウに伸びておりました(雑草も一緒に育ってたw)
半分間引きして、実家のおとーちゃんが紀南で買ってきてくれた釜茹でしらすと梅干でご飯炊いて、ゆでた大根菜を刻んで混ぜて混ぜご飯にして食べました。

IMG_3328.jpg

美味しかったけど、混ぜご飯にするには、梅干は昔ながらの塩辛いやつの方が良かったかも(^_^;)

posted by 涼ちゃ at 23:26| Comment(0) | つくるもの