2011年08月09日

恐怖!あふれ出る☓☓☓!

いつもお休みの日は家に引きこもり〜の涼ちゃですが、昨日は出かける用事ができたのでついでにパルコをウロウロしてみました。
で、地下のお店で、珍しいパネトーネマザー(パネトーネ酵母に扱いやすいようにドライイーストを少し混ぜたもの)を見つけたので、よし、久しぶりにパンでもつくってみるか〜、と材料を揃えて帰宅。

で、つくってみたのですが・・・・

パネトーネマザーを扱うのは初めてだったので、一応ネットで下調べして、材料と分量も厳格に測ってちゃんとやったつもりだったのですが、なにがどう違ったのか、生地は全然まとまらないくらいゆるゆるで、それでもなんとか1次発酵すませてガス抜きして食パンの型に放り込んで2次発酵・・・そしたら、何じゃこら〜!Σ( ̄□ ̄;)

あふれ出てました(汗)

型に入れた時は1/4くらいしかなかったんです。
それからせいぜい20分くらいしか経ってない。
なのに閉めたフタのすき間から生地があふれ出してるんです。

これはもう焼くしか無い!と慌ててオーブンに火を入れて、温度が上がったところで投入。
(あふれた生地は丸くまとめて型の上にのせたw)
しかし、焼いてる間にも、更に生地があふれてきます。

IMG_3809.jpg

なんのホラーやねんw

頼むからこれ以上あふれんといてクレ(南無)と祈りながら待つこと30分。
一応焼きあがった・・・んかいな?
果たして中身はどんなになっているのか?
それよりちゃんと焼けてるのか?
膨らんでるのか?
中にごっそり空洞ができてるんじゃないか?

なんとかフタをこじ開けてみたら・・・
一応焼けてました。

確かに、気泡が荒くきめは細かくないですが、そういえばパネトーネってこんな感じのパンだったなーって感じ。
軽くて柔らかくて。

味は思ったより甘みが出ておらず、発酵時間が短かったせいかなと。あと、同じく発酵に時間をかけてない(というかかけられなかった)ためか、酵母の匂いがやや強い気がしました。

次回は、もう少し水分を減らして(ちゃんとまとまるくらい)、もう少し低温で時間をかけて発酵させて、焼く時は型に余裕をもたせるかテーブルロール形にでもすることにします。

ちなみに、写真は焼いてる時のものです。手前に型からはみ出てる白い生地と、型の上にちょこんと載せている丸めた生地がわかりますか?(笑)
posted by 涼ちゃ at 09:02| Comment(2) | 思うこと(日記)
この記事へのコメント
パネ、私も使ってみよっかな〜
気温が高いと過発酵になるよね。

私は普通のドライイースト&HBであふれ出たことがあります。
HBで焼き上がりまで放置して・・
ムムム、炭の匂いがする・・
蓋をあけたら、パンケースからはみ出た生地が蓋やら機械の内壁やら電熱線やらにこびり付いて大惨事。戦争の写真とかで黒コゲになった遺品みたい(ちょっと表現が不適切かしら)になってしまった。
これがまたこびり付いて取れないの!
それ以来、うちのHBは焼くと炭の匂いがパンに移るのでコネ専用になってしまいました。
Posted by mas at 2011年08月13日 11:00
コメありがとう。ちょっと出かけてたんでレス遅くなってごめんね。
HBでも過発酵あるの?
パンケースって完全密封じゃないんだね。

HBは買いたいなぁとずっと思ってるんだけど、うちの旦那パンをほとんど食べないし、作ったらあたしが全部食べなきゃならなくなるのは判ってるから、ずっと我慢してます。

パネトーネマザーは、あたしの感覚だとちょっと甘めにできあがる感じです。あと、普通のイーストよりイーストくさすぎない?かな。

1キロ粉を買って、250グラムで2回パンを作ったので(実はブログの翌日リベンジ作成した)のであともう2回作る予定。
粉の特性もつかんできたので次はもうちょっとうまく出来る予定。・・・たぶん(笑)
Posted by 涼ちゃ at 2011年08月14日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]