2011年07月27日

【適当】早川トールサイズ文庫カバー

涼ちゃと涼ちゃの旦那さんの共通趣味のひとつは
「本が好き」
なことです。
なかでもSF系が好きで、我が家の本部屋にはハヤカワ文庫や創元文庫がたくさん並んでいます。

涼ちゃは好きな本は、何度も何度も何度も、読んで読んで読んで読みたおす方で、本を大事にきれいに読まれる方には申し訳ないのですが、お気に入りの本ほどボロボロにしてしまいます^^;
というわけで、予防としてこんなものを使っております。

IMG_3660.jpg

「ミエミエ」という透明のブックカバーです。
中はこんな感じになっております。

IMG_3674.jpg

昔から愛用しているのですが、ちょっと前に困った事が起きました。
ハヤカワ文庫が、文庫本のサイズを変更したのです。

IMG_3673.jpg

左が変更前の本で、右が現在の「トールサイズ」と呼ばれているものです。
目算で5ミリほどしか変わらないのですが、このサイズ変更のおかげでミエミエのブックカバーが入らなくなってしまいました。

使うと思って大量に買い込んだのにどうしてくれるんだァァ!ヽ(`Д´)ノプンプン

コアデ(ミエミエを出してる会社)がハヤカワトールサイズ用の文庫カバーを出してくれないかと期待したのですが、今に至るまでそんな兆候はありません。

仕方が無いので自作することにしました。


・・・・・・・・ウソです。
そんなめんどいことはやりたくありません(^O^;)

というわけで、ちょこっと上を切って本に設置して、

IMG_3678.jpg

IMG_3681.jpg

本に張り付かないように真ん中にテープを貼ったテープを用意して、カバーの足りない部分に両側から挟むようにして貼り付けました。

IMG_3683.jpg

ハイ。これだけですw
メンディングテープなのでちょっと白っぽいのはご愛嬌(^o^;

どうかコアデさん。
トールサイズ用のカバーを出してください(願)

posted by 涼ちゃ at 21:21| Comment(0) | つくるもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]