2010年04月18日

「型」の前の段階を大切にしたい

東京では季節外れの寒波で、昨日雪が降れば40年前の記録とタイとかいっておりましたが、福岡では昨日も今日もお天気&わりと暖かくて、体も気持ちものびのびとできる気持ちの良い日和でした。
寒い時の露天風呂とかも良いですけどね。
でも、さすがにもう春になって欲しいものです。

今日は朝から西方面のバイトへ。
ここのレッスンは、病院併設という事もあり、太極拳のレッスンというよりは養生効果をメインに組み立てています。
ですから、24式を通したいとか順番を覚えたいという方には全くもって物足りない内容だと思います。すみません。
あたしが一貫して通しているのが、

力が抜けた時の感じを知ってもらい、それを意識してできるようになってもらう

そして、できればもうひとつやってもらいたいなと思っているのが、

かつ、身体の芯を意識してもらう

ということです。
無論、この二つはセットになっていて、緩んだだけだと萎えてしまうし、緩まないでただ闇雲に真っ直ぐしても硬くなるだけなので、判ってる方にはなにをいまさら、って感じだと思いますが。

ここのレッスンは、好きなことをしてうまくストレス解消をされている方ももちろんいますが、中には症状の重い方もいて、リハビリで太極拳に来られている方もいます。
そういった方は、神経の緊張により元々の骨格がひどく歪んでしまっているので要求された型をとることができません。筋肉も歪んだ骨格にあわせてバランスが滅茶苦茶になってるわ固まってるわで、まず筋肉を意識して緩めるように、リラックスの方法を覚えてもらって、普段の生活から実践してもらいたいのです。

そこまで酷いケースでなくても、「意識して体の緊張をとる」ってことができれば、それは身体にとても良いことですよね。

太極拳は、まさしく意識で身体をコントロールする運動ですが、残念ながらスポーツクラブなどの1回1回のレッスン内容を評価されるような制約のある空間では、套路を教えることに重点をおいて集客数に配慮したレッスン内容にかたよってしまいがちです(あたしは)
ですから、そういうことを気にしないで身体の中だけを意識しながら動いてもらえるここのレッスンはあたし的にはとても大事な時間だったりします。

・・・・でも、やっぱりいわゆる普通の「太極拳」とは見えないでしょうね。もうちょっと組み立て考えないとだめかなぁ(苦笑)
posted by 涼ちゃ at 22:16| Comment(0) | 太極拳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]