2011年08月15日

嫌がっても大人しい そんなあなたが好きです

涼ちゃんちの朝は猫の世話から始まります。

起きたらまず3匹の猫の食器と水入れを回収して、洗っている間に人間用の紅茶のお湯を沸かします(600cc)
洗った食器を布巾の上に立てかけ、水入れは所定の場所へ。沸騰した鍋に紅茶のティーパックを4つ投入(ポット壊れたので手鍋でやってます)
3つの猫トイレを急いで掃除
戻ってくると紅茶の抽出が終わっているので砂糖やら牛乳やらを投入(涼ちゃんちはミルクティー)して旦那さんにできたおーと声掛け。
3匹の餌は、それぞれの1日分を測って小袋に分けているので、それからさらに朝の分を計量して各猫の餌入れへ。
かのんは廊下、たいちはリビング、リビーは寝室でそれぞれ食事。食べ終わるまでドアは閉めたままにしておきます(そうしないと各猫のご飯の分量を計った意味が無い)

とにかく、御猫様は天上天下唯我独尊。
お世話は人間の義務です。
ご飯とトイレの世話は最低限ですが、意外と大変なのが抜け毛です。
掃除機をかけても、気がついたら床には抜け毛が束になって散らばってるし、束じゃないのも散らばってるし、床だけじゃなく空中も飛んでるし乗っかってるし(笑)

短毛種ならもう少しマシなのかもしれませんが、長毛種☓3匹の状態は・・・・まぁ、猫好きの人でないと我が家に招待するのは気の毒な状態だと言っておきましょう。あははははは・・・。

それにしてもこの暑さです。
世の節電の呼びかけに後ろめたく思いながらも、コンクリートマンション西向きではクーラーをかけてあげないと午後は確実に熱中症まっしぐらですから、それなりにクーラーはかけているのですが、可哀想なくらいバッサバッサと毛が抜けております(ただし何故かかのんはあまり抜けていない気がする)

我が家では、夫婦間の冗談として、
「猫ズはきっと僕らが居ない時は、チーッとお腹のファスナーを開けて毛皮を脱いで、ハァー、アツイアツイ!とか言いながらうちわであおいでるんだよ」
なんて馬鹿な事を言っておりますが、もちろんそんな馬鹿な事はないわけで。

あまりにも抜け毛がすごいので、休みのこの機会に3匹のシャンプーを決行することにしました。
あたしがたいちをシャンプーをして、旦那がかのんをシャンプーして、リビーは・・・どっちがシャンプーするつもりだったかは不明ですが、結論から言うと。

シャンプーできたのはたいちだけでした(^^ゞ

前にも書いたかもしれませんが、かのんとリビーはすごいシャンプー嫌いで、暴れたり噛んだりすることは無いんですが、とにかくすごい声で、

鳴く

というか、

吠える。

お前は犬か?
と言いたくなるような声で、

アオォォォォ〜ン!(>_<)

と、マンション中に響き渡るような声で(/_;)

更に、かのんに至っては、
ハァハァハァハァハァハァハァ
と、心臓止まるんじゃないかと思うくらい興奮?するので、怖くて早々にシャンプーを切り上げざるをえない程です。

たいちのシャンプーを終えた時点で、あたしは腰は痛いわ、疲れてヘロヘロだわで、もう一匹洗う根性はなく、旦那は・・・疲れるからヤだったのはミエミエで、まぁ、一番抜け毛がひどいのはたいちだし、かのんとリビーは吠えまくるし・・・ということで、シャンプーはお流れになってしまいました。

IMG_3935.jpg

写真は、シャンプー後一生懸命体を舐めまくってるたいちです。
もう、おおかたは乾いているのですが、アクロバティックな体制で一心不乱に舐めまくっております(上に上がってるのが左後脚、向かって一番左が右後足、真ん中に見えてるのが左前脚)

ちなみにこのたいちゃん。
やはりシャンプー嫌いは嫌いなのですが、かのんやリビーと違っておとなしくひたすら我慢の、とっても良い子です。
もちろん、少しは鳴くのですが、リビーたちの、

出せ!出せ!出せ!出せ!(`‐´≠)凸

というような押しの強いものではなく、

早く出してよぅ〜(;_;)

というような哀れっぽいものなので、結局充分に時間をかけて洗われるハメになるのです(^^ゞ

ごめんねたいちゃん。
でも、とっても綺麗になったよ(*´∀`*)
 
posted by 涼ちゃ at 20:39| Comment(0) |