2011年08月14日

【ドライブ】天草行ってきました

Twitterでちょっとつぶやいておりましたが、8/12、13日に熊本県天草の方へドライブ旅行へ行って参りました。

ここ何年か、涼ちゃんちでは旦那さんの連休頃に1泊のドライブ旅行をするのが恒例になっております。
年末or新年、春休み、GW、夏休み(お盆)など。
行き先はもっぱら熊本(阿蘇)、長崎(平戸)で、観光が目的ではなく、ただひたすらドライブするための遠出です。
2泊できるならもう少し観光とかも組むのですが、うちには3匹の猫がお留守番しているので、やっぱり1泊が限度です。

で、今回行き先を決めるにあたって、ちょっといつもと違うところに行こうということになりまして。
旦那さんが22年前に大学の研究で2週間缶詰になったという「天草臨海実験所」。
青春の思い出の場所に行ってみたいということで、ここを目的地に決めることにしました。

なぜかGoogle先生の地図にも、車のカーナビにも載っていない謎の施設を、旦那の記憶だけで探し出したのが15時過ぎ。
博多を8時に出てから7時間後でした。

IMG_3892.jpg

写真は建物を前にして思い出にふける旦那さんです黒ハート

目の前は海。後ろは山。
こんななんにもないところに2週間も缶詰とは・・・。
大変だっただろうなぁ^^;

さて。
ドライブのルート決めるのは旦那さんですが、宿泊場所(旅館)を決めるのは涼ちゃです。
今回行き先が天草ということで、温泉、露天風呂がある旅館をチョイスし選んだのが、

「湯楽亭」

残念ながらお客さんが多かったので、お風呂の写真は撮れませんでしたが、お湯自体はなかなかのものでした。
ここは、白湯と赤湯という泉質の違うお湯があって、白湯はぬるっとしたいわゆる美人湯で、赤湯はほのかに赤みがある炭酸泉です。手堀で掘った洞窟風呂が有名ですが、それよりなによりこの赤湯つーのがすんごい。お湯の表面に浮いている湯の花の量もさることながら、温泉でよく見る石灰成分?が浴槽の内も外も、それどころか洗い場の床まで鍾乳洞か千畳敷かって感じにビッシリついている。
もちろん源泉かけ流しで、毎日お湯を全部抜いて掃除しているらしいのに。

その凄さを現しているのが、館内に飾っている招き猫です。

IMG_3909.jpg

これは受付のカウンターに2体並んでいたうちの一体。
陶器の招き猫に赤湯を流して作ったものらしいです。
周りに、お風呂と同じ石灰成分?がビッシリついています。ヒゲの部分を見るとどのくらい付いているか判ると思います。
驚くことに、この状態になるのにはたったの2週間らしい。

昔は全国からやってほしいと依頼が来ていたらしいけど、預かったのを割ってしまったりとかして以降は断るようになったらしいです。

とてもいいお湯だったのでまた天草方面に行くことがあったら泊まってみたい旅館ですが、残念なことになぜか浴室に蚊がいて、涼ちゃも旦那さんも刺されまくったので、行くなら夏は避けて、かなぁ(じゃらんの口コミにも蚊がいるって書いてるし、蚊除けとかも置いてたけど)

なお、天草の五橋の眺めは素晴らしかったです。
小さな島に次々にかかる橋を車で渡っていくっていう体験は初めてでワクワクしました。
 
posted by 涼ちゃ at 20:52| Comment(0) | お出かけ